ダウン症と自閉症の違い


ダウン症が染色体異常の原因によって生じる障害である一方、自閉症は、生まれつき脳の中枢神経の障害によって起こる発達障害です。

自閉症は、心の病気でもありませんし、持って生まれた性格により自閉症を引き起こすわけでもありませんし、しつけの仕方で起こるものでもありません。また、引きこもりとも異なります。

自閉症は、身辺の物事の意味を正しく理解することができないという認知障害により、様々な行動障害が現れます。

自閉症といっても十人十色。一概に自閉症とはこういうものですとはいえませんが、コミュニケーション・対人関係・想像力の3つに自閉症特有の症状・特徴が現れることが多いです。

自閉症児の多くに言葉の遅れが見られますが、中には言葉の遅れのない子もいます。しかし、言葉の遅れがない子でも少し普通とは違う使い方をすることがほとんどです。

例えば、

言葉を獲得しても誰かに話し掛けるわけでもなく、独りで何度も何度も同じ言葉を繰り返すのみであったり、相手の言葉をそのまま繰り返すオウム返しであったりします。ただいまというべき場面で「おかえり」と言ってみたり、行って来ますと言うべきなのに「行ってらっしゃい」と言うこともあります。

これは、自閉症児(者)が自分と相手の立場を置き換えることが難しいためと考えられています。



発達障害の子育て教育体験記

発達障害児の子育てプログラム


カテゴリ
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。