ダウン症に係る妊娠・高齢出産について


ダウン症に係る妊娠・高齢出産についてですが、現在では女性の社会進出に伴い、3〜40代で初出産を行う人も決して少なくはありません。高齢出産といわれる35歳以上で出産する事も多くなってきているわけですが、35歳を境に様々なリスクが生じてくるのも事実です。

ダウン症もその1つとして挙げられ、35歳では発生率が1/400と高くなっており、年を重ねる毎にその確立も高まっていきます。50歳では1/10と非常に高確率でダウン症の新生児が生まれる計算になっています。

これは染色体異常の原因にも数えられる、卵子の高齢化・老化が原因だと考えられています。この染色体異常が原因で、ダウン症以外にも流産や妊娠中毒症、難産、未熟児になりやすいといったリスクも存在しています。


発達障害の子育て教育体験記

発達障害児の子育てプログラム


カテゴリ
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。