ダウン症の原因


ダウン症の原因としては、ごくまれに遺伝的要素の場合もありますが、ほとんどは精子又は卵子が形成される際に、染色体の分裂が正常に行われなかったことによる染色体異常が原因です。

染色体は、人間の身体を形成している細胞を司る働きを持っており、これが1本でも増加または減少すれば本来の働きが行えなくなってしまいます。染色体は通常46本から形成されていますが、ダウン症の場合は、21番目の染色体が1本多く、47本持っています。

前述の通り、ほとんどのダウン症は、卵子か精子ができる際の、染色体の分裂がうまく行われずに生じます。 また、受精卵の発育初期の分裂異常も原因となります。しかし、残念ながらこれらの異常分裂がなぜ起こるのか原因は現在でも未だ分かっていません。しかし、 妊娠中の感染、薬品、放射線などは、ダウン症の原因としては以前ほど重要視されなくなってきています。
この記事へのトラックバック


発達障害の子育て教育体験記

発達障害児の子育てプログラム


カテゴリ
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。