ダウン症 胎動について


出産前のお母さんが心配する事柄の一つに、生まれてくる子が障害をもっていないかどうかということが挙げられます。その中でもよく知られているのがダウン症なのですが、胎動でダウン症がわかるという話を聞いたことはありませんか?

ダウン症の赤ちゃんは、他の赤ちゃんと比べて胎動が少ないといわれることがあります。中には、胎動が少ない=ダウン症、と不安になる妊婦さんもいるほどです。

しかしながら、実際は胎動で生まれてくる子がダウン症か否かを知ることはできません。特に初めての出産であれば、胎動の強さや回数について比較する対象を持ち合わせていませんし、又胎動は障害の有無に関わらず、赤ちゃんによっても強さや回数は違います。

可能性があるとしたら、一人目を普通に妊娠・出産していた場合、もし二人目がダウン症児だったときに、出産後「そういえば胎動が一人目と違ったかな」ということもあるかもしれません。

しかし、実際は胎動が少ないからといって、ダウン症の赤ちゃんが必ずしも生まれてくるわけではありませんし、胎動でダウン症かどうかを判断することはできません。
この記事へのトラックバック


発達障害の子育て教育体験記

発達障害児の子育てプログラム


カテゴリ
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。