ダウン症の確率と寿命


ダウン症の出生確率ですが、一般的に、人間の細胞分裂異常は、加齢と共に生じやすくなり、それは卵子や精子についても同じことが言え、 統計的にも母親の年齢が高いと、ダウン症が生まれてくる確率も高くなると言われています。

しかし、若い母親から生まれるこどもの数が圧倒的に多いので、実数としては、若い母親から生まれるダウン症の赤ちゃんが多くなっています。実際約80%のダウン症児は35歳以下の母親から出生しています。つまりこれは、もともと35歳以下の妊娠が多いということによります。
 
ダウン症の寿命についてですが、かつてダウン症の寿命は20歳前後だとされていました。これはダウン症者に多くみられる循環器合併症の外科的治療が当時はできなかったためであるといわれています。現在でもダウン症を直す根本的な治療方法はありませんが、合併奇形を治療すれば健康状態を改善することができ、ここ数年では平均寿命も50歳程度にまで延びてきています。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/94848706


発達障害の子育て教育体験記

発達障害児の子育てプログラム


カテゴリ
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。